他の人が涼しい顔をしている時に、自分だけ汗をダラダラ流していると、「もしかして自分は汗かきなのでは?」なんて心配になってしまいますよね。もちろん、何かの病気が原因で汗かきの方もいらっしゃいます。多汗症や甲状腺異常のバセドウ病等がそうですね。もし、心配なようでしたら、内科で一度検査をしてみると良いかもしれません。けれど、別に体調の異常を感じていないような場合には、以下の原因でも汗をかきやすくなるようです。 ・肉類や脂が多いものを好んで摂取している。 ・香辛料を多く含んでいる辛いものをよく食べる。 ・頻繁にアルコールを摂取している。 ・毛深い。 このような場合には、汗を分泌する腺である汗腺が刺激されて、汗をたくさん出す事に繋がります。また、ストレスによっても多量の汗をかく事があります。これは病気とも深く関係があるのですが、不安や緊張といった大きなストレスを感じた時に、普通の人よりも多く汗が出てしまうといった事がよくあるのです。汗をかく部位としては、脇の下や顔、頭部、手の平、足の裏が多いようです。このような場合には、いくら生活習慣を改善しても汗かきの根本的な改善には繋がりませんので、専門の医師に相談してみて下さい。それに、不思議だと思われるかもしれませんが、実は冷え性の方で汗かきとおっしゃる方も結構多いみたいです。これは、体の冷えが強くなると、本能的に体を温めようと急激に熱を発し、その結果、大量の汗を出してしまうからです。このようなケースの場合には、冷えを改善すると汗かきも改善されるでしょうー